ストーンヘンジの謎

ストーンヘンジはだれが作ったのか?

ストーンヘンジはだれが作ったのか?
ストーンヘンジを作ったのはだれか? その目的と同様に、あるいはそれ以上に大きな謎の一つです。
「巨人、巨石人、ストーンヘンジ人・・・」
科学の発達していない先史時代に建造されたのだから、あれだけ巨大な石を扱うことができたのは巨人の仕事に違いないという発想からか、そのように呼ばれることが多いようです。
巨人たちによる巨石文明の存在、それは神々のことかもしれませんし、確かにロマンチックな考えではあります。
しかし歴史をひもといてみても、ストーンヘンジが建設されていた先史時代の記録はほとんど残されていません。

考古学的には紀元前約3000年頃、新石器時代のブリテン諸島で暮らしていたのはウィンドミル・ヒル人。彼らは半遊牧の生活をしていました。
紀元前2000年頃、青銅器時代にかけては誇り高き戦士であるビーカー人、後期にはウェセックス人がソールズベリー平原を駆けていました。武器や装飾品とともに眠るウェセックス人の墳墓が見つかっています。
ケルト系でイギリスの主要な先住民族のブリトン人が、ヨーロッパ大陸からグレートブリテン島(現在のイギリスの国土の大半を占めます)に移住してきたのは、ローマ帝国の属国だったブリタニアの時代、紀元前300年頃です。

ストーンヘンジの建設が終わってから実に1000年以上も経っています。
ストーンヘンジとほぼ同時代に140以上ものストーンサークルが作られているという理由からスコットランドの先住民族ピクト人が巨石文明を築いたのではないかと考える人もいるようですが、彼らもまたその多くはヴェールに包まれたままです。

ストーンヘンジは何のために作られたのか?

専門家や考古学者、神秘家、さまざまな人たちが取り組んでいるテーマです。
ストーンヘンジの建造方法とともに、その奇跡とも言える偉業にまつわる謎は多くの伝説、科学的仮説を生み出しました。
中でも一般的によく知られている説は、礼拝や祭祀を行う「儀式の場」としての解釈、「古代の天文台」としての解釈です。

しかしどちらの説にも大きな疑問が残ります。その目的が神に祈りを捧げることだとしても、天体を観察することだとしても、これほど手の込んだ建造物が必要だったのでしょうか。

ドルイドの巨石神殿

<ドルイドの巨石神殿
ストーンヘンジでは毎年、夏至の祭典が開催されます。かつてドルイド教徒が一年で最も昼の長い日の日の出を拝むために行っていた儀式に由来し、ストーンヘンジが夏至の日の出に向かって配置されていると思われることが理由です。
現在は特定の石の方向から昇る朝日を見ようという観光客が各地から数多く訪れるイベントになっていて、‘09年は6月21日に行われました。
巨石群を背景に日の出を待つ観光客が発光ボールを振り回す様子は、ナショナルジオグラフィックの記事でも紹介されています。

ドルイドとは古代ケルト社会における祭司階級のことですが、宗教の範囲にとどまらず政治的指導者としての役割も担っていたとされています。
ドルイドが最も神聖視していたミスルトー(ヤドリギ)の木は万病の薬と考えられ、冬至と夏至の日に恭しく採取されていたと言い、ケルト文化においては一年を四季支払日と四季の節目にあたる冬至と夏至、春分と秋分の8つに区分した暦が用いられていました。
しかし、そうしたドルイドの時代よりもずっと以前にストーンヘンジは廃墟化していたそうです。

さらに、ドルイドに関する文献はほとんど残っていないことから(ドルイドはその叡智を口伝で伝えたとされています)、現在の儀式そのものも想像の産物でしかなく、それらの事実を考え合わせれば、ストーンヘンジ建造の当初の目的がドルイドに関連している可能性は低いと言えます。
ただし、ストーンヘンジが神殿として礼拝に使われていたという可能性をも否定することにはなりません。

天文学的な意味

天文学的な意味
ストーンヘンジでは夏至の日に北東の地平線から太陽が昇りますが、一方で、冬至の日には正反対の南西方向に太陽が沈みます。
つまり、冬至の日没に向かって配置されているとも言え、夏の日の出と冬の日の入りを見通すことのできるストーンヘンジは、天空の事象を観察するための天文学的特徴を持った施設でもあるのです。

イギリスの天文学者ジェラルド・S・ホーキンスは1963年にネイチャー誌で論文を発表、続いて1965年に著作『ストーンヘンジの謎は解かれた(Stonehenge Decoded)』を刊行して議論を巻き起こしました。
まず、ホーキンスはストーンヘンジの「主要な方向軸が天体の重要な位置を指しているかどうか」を検証します。
図面化したストーンヘンジの地理学的データ(石、石穴、その他の穴、塚の地点の緯度、経度、軸の方位およびスケールなど)を電算機(コンピュータ)に入力し、計算したのです。
そして、ストーンヘンジの主要な地点は太陽と月の極限の位置と、その他多くの方向軸を作っていると結論付けています。

また、ホーキンスは「巨石構造が日食月食を予測」していたという説も唱えています。
月食が起きるには月が太陽の反対側に位置していなければならないという事実は太古から知られていました。
オーブリーホールを始めとする数多くの穴、円、ストーンヘンジ全体が天球上における太陽と月の軌道を示す巨大な測定器として使われていたのです。
オーブリーホールの円周上、夏至の日の出の軸線と直角に交わる長方形を作る位置に建てられた4本の立石はステーションストーン(測量石)と名付けられ、その名前が示すように観測のための石と考えられています。

<天文学的な意味
先史時代の人々にとって、日月食は単なる自然現象の範疇を超えた深刻な重大事でした。
天照大神が姿を隠して世の中が闇に閉ざされてしまうという有名な古事記または日本書紀の説話からも分かるように、太陽(月)は神(女神)そのものであり、人々は日月食に大変な恐怖と不安を感じたに違いありません。
その真偽のほどは定かではありませんが、古代中国では宮廷に仕えた天文学者が日食を見逃したというだけで処刑されてしまったという話も伝わっています。

当時の神官たちは天体の観察から農作期を知るための暦を作り、古代の人々が最も恐れた日月食の予測を行うことによって、自分たちの権勢を確かなものとしていたのだと、ホーキンスは主張しました。
後になってストーンヘンジの権威とされるリチャード・アトキンソンら考古学的立場の専門家たちから、ホーキンスの理論は極端で非現実的であると批判されました。
しかし、ホーキンスに限らず天文学的な解釈は、超自然的な目的、あるいは伝説に近いドルイドの神殿と考えるよりも、現代社会においてははるかに現実的な解釈なのかもしれません。
確かなことは、ストーンヘンジに関する新たな発見が今も続いているという事実です。