ストーンヘンジの歴史と構造

イギリスに確認される1000カ所以上ものストーンサークル(環状列石)、その中心とも言える最も大きく最も美しい存在。それが、南イングランド・ソールズベリーの北西約13kmの場所に位置するストーンヘンジの遺跡です。

建造が開始されたのは新石器時代にあたる紀元前3000年頃になります。ストーンヘンジの建造は段階を経て、青銅器時代後期に至る約1500年間に渡って行われました。
直径115メートルの環状の壕と土塁(土手)が設けられた内側でそれぞれ数十個の立石が中心を五重に囲み、中央部にはアルターストーン(祭壇石)と呼ばれる平石が置かれ、さらにその周囲にも巨大な組石が馬蹄状に配置され状態が最終形です。

少なくとも建設が終わった後、いったんは放棄され、1918年に国が所有することになるまでの長い間、荒れ放題の状態にあったストーンヘンジですが、その翌年には倒壊を防ぐための補強工事が実施されています。

そして1986年、ストーンヘンジの遺跡とその周辺はユネスコの世界遺産に加えられ、登録古代モニュメントとして法的に保護されるようになりました。
現在、ストーンヘンジはイギリスの国家遺産として管理され、その周辺についてはナショナルトラスト(歴史的名所や自然的景勝地の保護を目的とするボランティア団体)によって保有されています。

ストーンヘンジの変遷

ヘンジの始まり
【ヘンジの始まり】
紀元前3000年頃、ソールズベリー平原で最初に作られたのが直径115メートルにも及ぶヘンジ(円形の土塁)でした。壕が掘られ、その内側に高い土手が築かれます。そして、土手の内側にはオーブリーホールと呼ばれる56個の穴が造られました。


ストーンヘンジの変遷
【木造建築物の時代】
新石器時代中期から後期、木造のモニュメント(木柱群)がヘンジの北東の入り口付近と、中央から南の入り口よりに現れました。


ストーンヘンジの変遷
【最初のストーンサークル】
木柱群は数百年で廃れたとされ、紀元前2500年頃になってブルーストーンによる二重の円環が最初のストーンサークルを構成しました。アヴェニュー(2本の並行する土手に挟まれた道)が現れ、土手の内側にステーションストーン、中央部にアルターストーン(祭壇石)、そして北東入り口の外にヒールストーンが建てられます。


ストーンヘンジの変遷
【サルセンサークルの登場】
中央部は一変し、現在の形になります。高さ5メートルのサルセンストーン30個を配し、その上にまぐさ石(リンテル)を水平に置いて造られた円は、サルセンサークルと名付けられました。内側にはトリリトン(三石塔)と呼ばれる5基の組石が馬蹄形(U字形)に並びます。さらに、エイヴォン川に続くアヴェニューは約3キロメートルになりました。


ストーンヘンジの変遷
【ブルーストーンの再配置と建設期の終わり】
青銅器時代の後期に入り、放棄されていたブルーストーンがサルセンサークルの内側に馬蹄形または円形に並べ直されます。サルセンサークルの外側を囲むように二重の円を造る穴が掘られましたが、そこに石が建てられることはなく、紀元前1500年頃にストーンヘンジは放棄されたと見られています。


56個のオーブリーホール

オーブリーホールは、17世紀の古物研究家である発見者のジョン・オーブリーの名前に由来しています。この56個の穴群はストーンヘンジの謎の一つです。それらの穴には木の柱が立てられていたという説があり、痕跡が残っていなかったことから議論になっていましたが、‘03年に始まった発掘調査(ストーンヘンジ・リヴァーサイド・プロジェクト)において、ブルーストーンのサークルを造る穴だったことが分かっています。